下北沢の魅力

下北沢は東京の中でも、独特の文化を持っている街として知られています。インターネットなどでも、下北沢で検索すると、様々なワードが一緒に出てきますが、ひと言で表すと、サブカルチャーが他の街よりも育っている街です。東京は洗練された雰囲気の街も多いですが、下北沢は下町の雰囲気に近い、昔ながらの商店街の雰囲気があり、静かできれいな住宅街もあり、それらが上手く共存して、独特の雰囲気を作っています。

 

サブカルチャーは様々な趣味やジャンルのお店が並んでおり、お店のバリエーションもとても広いのが特徴です。雑貨屋やカフェ、洋服など様々なお店が立ち並んでおり、飽きずに楽しめる街となっています。下町の雰囲気を反映して、洋服は、上品さや洗練さよりも古着やカジュアルな雰囲気の物が多くなっています。雑貨なども、ナチュラル系や、部屋に置いておくと落ち着いて穏やかになれるようなものが多いです。好みは大きく分かれる所なので、前もってチェックして行くのがお勧めです。道が狭めなのも特徴で、お店が所狭しと並んでいる印象もあります。時には人がぶつかりそうになる事もありますが、その込み入った感じが、また楽しさを感じさせてくれる所でもあります。

 

また、街としての利便性も良く、都心へのアクセスも良好です。小田急線、京王井の頭線が通っており、新宿や渋谷にすぐに行く事ができます。渋谷へは120円ととても安く、新宿も150円となっており、都心では慌ただしすぎるので、少し離れた所に住みたいという方にも人気ですし、逆に都心から観光で行くにも適した街です。また、小田急小田原線が地下を走るようになり、それに合わせて商店街が姿を消すなど、新しい動きも見られています。これからも変化していく可能性は大きく、今後も注目のスポットです。

下北沢は、東京の中でも人気のあるスポットです。東京スター銀行おまとめローンも東京在住の方には人気ですね。

街の再開発で影響を強く受けるのは、地元の商店や中小零細企業ですよね

つぶれない企業である為に

企業にとって大切な事は借金をいかに減らしていくかと言う事では無いと言われます。借金をしていても現金が回せる企業であれば倒産する事は無く、銀行も融資を行ってくれるといいます。

 

銀行にとってデメリットとなる企業は借金がある企業ではなく、毎月の返済が厳しい企業であります。会社を経営するものにとってもっとも大切な事は資金繰りだといわれます。

 

利益を上げていても資金繰りがうまくいかない企業は黒字倒産をしてしまいます。逆に赤字の経営を続けていても上手に融資などを回して現金を円滑に操作できている企業はすぐに倒産する危険は少なく、銀行からも追加の融資が受けやすい企業として取り扱われる傾向にあるようです。

 

個人の場合でも同様に、借金があっても追加で借金ができます。問題なのは借金をしている人が毎月の返済を滞っている事実があるのか無いのかと言う事であり、借金をしていても返済を毎月行える企業に対しては設備投資などの名目で新たな融資を可能とします。

 

借金をしながらも常にお金が回っている企業は現代において安定している企業とされており、中小企業の倒産予備軍に入ることはありません。倒産予備軍に入ってしまっている企業がすべきことはいかにお金を回していくかであり、経営改善の為に黒字経営を目指す事だけではありません。

 

経営者はいかにつぶれない経営をしていくかを考え、銀行と上手な関係を築き融資と返済のバランスを常に考えて経営していく事が大切であると言えます

中小・零細企業の今後

中小企業金融円滑化法の失効により今後どのような事態が起こってくるのか未だ見えていない部分があります。この金融政策の恩恵を受けていた企業は少なくともこの数年間で倒産の危機を免れたといえます。

 

しかしそれは経営改善ではなく、延命措置であったと考えられます。国政が行う政策に正しく乗っかって事業の再建へと進んできた企業にとっては少しばかりの光が見えているかもしれません。

 

しかしただただ返済を待ってもらっていた企業にとって今回の失効により銀行から掌を返されるかもしれません。銀行にとって有益な企業とは多くの融資を受けてくれ、金利の返済をとどこることの無い企業です。

 

それが融資を行う銀行にとって利益をもたらす企業であり、今回の政策では銀行は国の法律によって企業の返済を待たされていたに過ぎず、法律が期限を迎えるとこれまで返済を待っていた企業は銀行にとって信用のならない企業と早変わりしてしまいます。参考→中小企業事業融資

 

融資を行う銀行の根本として返済を滞る事がいかに大きな問題であるかと考えると、これまで銀行が返済を待ってきた事自体に疑問さえ感じてしまいます。

 

この疑問が今回の期限切れでどのように中小企業に影響を与えるか言うと、多くの企業が一気に倒産してしまう可能性があると言えます。銀行が追加の融資を行わず、さらに借金の返済を待つ事もしなくなります。その為資金繰りが上手に行かない企業がすぐにさしおさえとなり、倒産せざるをえない状況に陥ると考えられています。

企業の借金返済と銀行の対応

これまで長引いた国内の景気によって企業と銀行の関係がはっきりとしてきました。銀行は相次ぐ企業の倒産に融資の貸し渋りへと走り、企業は長引く不景気により資金繰りに苦しむようになり、両者が歩み寄り国内経済の回復へと歩んでいく事が困難な状況にあったと言えます。

 

そういった中で中小企業の救済策として政府は中小企業が銀行から受けている融資に対しての毎月の返済をある程度多めに見てなんとか景気を脱却できるようにと猶予を与える法律を定めました。

 

これにより銀行側は中小企業の申請に対して協力体制をとり、企業の事業が好調になるようにサポートしていく事で方針が固まりました。今までは銀行にとって倒産予備軍とされる企業に対してはなんとか貸し付けた融資の回収を行うことがもっとも重要なことであり、追加の融資であったり返済を待つといった事があってはならないことでした。

 

時より企業の努力を認め返済を待つ事もありましたが、そういった企業に対しては今後の融資に対しても審査基準が厳しくなるといった対応が取られており、今回の政策のように全面的に企業の返済をできる限り協力するといった姿勢は取られていませんでした。

 

そして中小企業金融円滑化法の期限が切れてしまう事で今後銀行の対応が今までのような強力体制ではなく、経営に難する企業にとっては非常に厳しいものとなってしまうと考えられます。それにより、また多くの中小企業が破綻し、つぶれる会社が増えるとみられています。

融資と返済のバランス

中小企業金融円滑化法の期限が切れるとこれまでの銀行の対応が大きく変わってくると予測されます。中小企業に対してこれまで目をつぶって協力体制にあった銀行の融資・返済窓口は今後倒産予備軍と言われる中小企業に対して大変厳しい対応で接してくると考えられます。

 

そして倒産予備軍とされる企業の多くは民主党の政策であった中小企業金融円滑化法によってこれまで延命を続けてきたと言えます。その対象となっていた企業が法律の期限に切れにより掌を返したように毎月の返済を迫られるようになると考えられます。

 

また、通常でも厳しい融資に対してもこれまで延命の措置を受けてきた企業は他の企業よりも審査が厳しくなると考えられます。銀行にとっても貸したお金が回収できない事は避けたい事態ですが、その返済をいつまでもまつリスクを取るよりも、あらたな融資により見込める利益でこれまでの負債を取り返す方が可能性が見いだせると判断するからです。

 

その為自民党政権により増資が行われた銀行の資金力は一時的ながらも上がったと言え、今後この資金による融資が中種企業によって大きな変革をもたらす可能性があります。延命措置により銀行に面倒を見てもらっていた企業は本格的に厳しい状況に陥り、銀行の判断によりすぐに倒産へと導かれる企業もある事に思います。

 

またそれとは逆に追加の融資により新たな延命措置が取られる企業もあり、その企業にとっては追加の融資で事業の再建を確実に行わないと先がない状態になると考えられます。今後中小企業にとって大切な事は融資と返済のバランスを考え、赤字であってもお金を回す事ができる事が大切であると言えます。

倒産予備軍の今後

中小企業金融円滑化法の期限切れにより倒産予備軍と呼ばれている中小や零細企業の今後がきになります。

 

今までも融資が受けられない事で事業を運営する事が厳しくなり、破綻する企業は多かったと言えます。また毎月の返済にかけるお金が準備できず倒産する企業も多く、中小企業に至っては銀行の指ふる方向一つで経営が左右されていると言えます。

 

この銀行主体の事業にならないように企業は上手に融資を受け、返済を繰り返す事で銀行との関係を良好な物としてきました。それができていない企業がいわゆる倒産予備軍に入るとされる企業であり、資金が少ない中小企業以下の会社は全て予備軍であるといっても過言ではありません。

 

製造業で立ち上がった日本経済はこれまで多くの中小企業によって利益をもたらしてきたと言えます。しかし、製造業の衰退と海外の勢力により一気に工場地帯は元気を失い、資金の貸し渋りを始めた銀行によって倒産へと歩み出しました。なんとかこれまで経営を続けてきた企業であっても、今回の大きな政策転換によりふるいにかけられることになると思います。

 

一部の企業はこれまでの実績と今後の見通しにより融資が受けられることもあるかと思いますが、ほとんどの中小企業は銀行からの融資を受ける対象になれず、さらに返済に対してもきっちりとした返済期日を厳しく定めていくと予測されることから、倒産予備軍の相次ぐ破たんが懸念されており、この企業を救う術が現在見いだせていない事も事実にあります。

 

3月以降の状況を踏まえ予備軍の対策が考えられるかも知れませんが、そこまで耐える事ができる企業も限られてきます。

民主党が自民党から初めて政権を勝ち取り金融政策も含め国内企業の活性化と国民の生活を改善する為に多くの政策と取ってきました。その中に国内の景気を左右する中小企業に対する政策がありました。

 

この政策は中小企業や零細企業といった資本の少ない企業だけでなく、住宅を保有する個人に対しても適用される法律でした。しかしこの政策で取られたのは景気を直接的に回復させる為の政策ではなく、企業や個人が自力で這い上がる事ができるように、一時的に銀行に対する返済を銀行の理解と協力のもと受けるといったものでした。

 

この政策で実際の成果が出たかと言うとそれはあまり効果が無かったと言えます。その為か、政権を取り返した自民党はこれまで延長されてきた中小企業金融円滑化法を3月の期限をもって廃止することを決めました。

 

政府の見解として法律の期限がきれたとしても銀行は継続して企業の要望を確認し、返済に対する対応を適切に行うように指示をしているようですが、法律の効力が無くなった事によってどれだけの銀行がこれまでと同様の対応をしてくれるのかは皆無です。

 

そして政権を取った自民党の新たな政策としてデフレからインフレへの転換があります。お金を回すことにより経済を活性化させようといった直接的な政策であり、うまく事が運べば景気は回復していきます。しかし銀行が適切な対応によって融資先を選定できなければ景気はさらにどん底に進むとも予想されており、これまでの政策を継続しながらといた政府の見解に銀行は対応能力をもって適切な融資や中小の要望を聞き入れる必要があると言えます。

政権が自民党政権に移った事で地方銀行の今後の在り方にも影響がでてくると考えられます。地方銀行は地域密着型の経営を行っている銀行が多く、大手銀行に比べると資本も少なく、企業と同じように資金を回すことに大変苦労をしています。

 

これまでも民主党政権の政策によって中小企業に貸し付けている資金の返済を待つ事を求められてきました。そしてこの政策は中小企業を立て直す目的と同時に資本の弱い地方銀行の経営を圧迫させる結果ともなりました。

 

地方銀行には大手都市銀行よりも資金が回ってくる事が少なく、それらの限られた資金を上手に運用して経営を行っていかなければなりません。その為、中小企業に融資をするとしても企業の情報が無いと融資することに対して多くのリスクが伴うことになってしまいます。

 

地方銀行にとって貸倒しが起こる事は非常に避けたい事態であり、民主党政権の時は円滑化法により貸倒しになる可能性があったとしても待つしかなかったと言えます。しかし自民党政権に代わった事で、法律の規制が3月で切れます。

 

これにより地方銀行は貸倒しにならないようにリスクを回避しながらの債権回収を行ったり、あらたな融資先を選定する必要があります。自民党政権の金融政策による緩和は銀行が回す事ができる紙幣を増やし、銀行の経営と企業の経営を促進していくことを目的とし、動きが取れなかった経済に対して、強行策としてとった対策であり地方銀行は日銀により増刷された紙幣を集め、各地元企業や個人に対してお金を回し、経済を活性化できるよう、貸倒しを極力避ける事ができるように対応していくこととなります。

中小企業金融円滑化法が3月で期限切れとなる事で民主党時代の政策に一幕終焉が迎える事になります。銀行にとっても政権が代わる事で金融対策が代わり、どのように今後対応していく事が正しいのかといった場面で迷うと思います。

 

一般企業にすれば国の政策により間接的に左右される部分がありますが、経済を担う銀行にとっては直接的に影響してきます。

 

例えば今回の政策によると中小企業に対して倒産予備軍をすくい上げるように法律が施行されていた為、中小企業の返済を一時的に待つ事や経済再建に向けて援助していく事が定められ為、銀行はこの政策にのっとり対応をしてきました。

 

しかし今回の政権交代により現在ある中小企業金融円滑化法を期限をもって廃止する事で決まり、あらたな金融政策として紙幣の増資によるデフレ脱却が掲げられました。政策当初から長引いたデフレ脱却に向け、円高がおさまり始め一か月の間に適正値にまで円の価値が調整されていきました。

 

そして日銀が増刷した紙幣は順次各銀行に流れる事となり、その紙幣をもって銀行は国内企業の活性化を図っていくこととなります。資金ができた銀行の政策として企業に対しての融資や投資が考えられます。

 

これはこれまでの政策とは正反対と言え、お金を動かす事を目的としています。日本が国内でお金が動かずに不景気から抜け出せなかった実態を根本から変える為、最終手段にでたとも言えます。一つの賭けではありますが、紙幣を増やした事で銀行が的確に新たな融資を厳選していく事で国内の景気は回復に傾く可能性が見出されてきました。しかし、これにより倒産する企業が増えることも銀行次第であると言えます。

民主党は中小企業に対して借金の返済を待ち、企業が倒産しないように救済する政策をとりました。それに対して今回政権をとった自民党は紙幣をする事で銀行に資金をまわし、その資金により新たな融資が行えるようにデフレの脱却と金融緩和に乗り出しました。

 

どちらの政策も景気の回復を目的とし、国民一人一人の生活が豊かな物になるようにととられている国の政策であり、中小企業金融円滑化法は実際のところ大きな成果を見せることなくその期限をまっとうすることとなりそうです。

 

そして自民党が打ち出した金融緩和政策としての紙幣の増刷は日銀に多くの紙幣を集め、その紙幣を各銀行に対して配布していきます。

 

当然買い付ける形になるのですが、これにより銀行は担保と引き換えに紙幣を多く保有する事ができるようになります。手元にお金が無かった事で新たな融資を貸し渋っていた事実もあった為、増刷により銀行が新たな投資として融資を行える資金力がついたと言えます。

 

今までは返済を待つ事で景気回復を図ってきましたが、これでは結局お金が世の中に回らず、景気回復と言うよりもデフレ促進へとつながり、さらに景気が低迷していくことになっておりました。

 

良い景気の根本にはよくお金が回ると言う事が挙げられます。現金を貯めこんだり保守的になってくるとそれに比例して景気が悪くなる傾向にあり、現在の国内においても不景気と言うこと、企業の倒産などといった事から節約し、少しでもお金を貯めようとする人が増え、そういった社会の流れも深く関係し、現在の状況を作っています。これの打開策として金融緩和なる紙幣の増刷が決まりました。